どんなスキルが必要?

IT関連の職種の1つに、プログラマーという仕事があります。
プログラマーとは、様々なシステムやソフトウェアを作成するために、プログラミング言語を用いてコンピュータプログラムを組む仕事のことです。
そのため、プログラマーにとって最も大切なスキルは、プログラミング言語の知識をしっかり身に付けておくことだと言えます。

しかし、プログラミング言語の中にもいくつか種類があることを知っていますか?
ゲーム系、オープン系、Web系というように、開発するものによって使用する言語が異なるのです。

まず、Webページやゲーム、アプリの開発に必要な言語にJavaというものがあります。この言語は汎用性に優れているという性質があり、感覚で理解しやすいのが特徴です。
また、PHPという言語もあります。これは主にWebページの開発に使用されますが、メディア系やゲーム系など幅広く活用できるのがポイントです。
そして忘れてはならないのが、プログラミング言語の元祖ともされるC言語です。この言語はハードウェアに近いところを扱えることから、OS開発に使用されることがほとんどです。他の言語に比べて習得するのが難しいですが、プログラマーとして学んでおくと役に立つでしょう。

プログラマーに求められるスキルは言語だけではありません。パソコンに向かって長い時間仕事をするために自己管理能力や忍耐力も必要です。
またチームでプロジェクトを進める場合には、コミュニケーション能力や協調性という点でも優れている必要があります。